2018 春 6

昨年の春のビオトープには珍しいお客さんが来てくれていました。写真では分かりづらいですが、ニワトリのタマゴくらいの塊がありました。どうもサンショウウオのタマゴのようです。だんだんの山の上の方にため池があってこちらに多くのサンショウウオのタマゴが産卵されていたので、そちらからお客さんが来たようでした。残念ながら、その後サンショウウオの個体は確認出来ませんでしたけど。

同時に蛙の調査も行っていました。今年も調査に協力するそうで、3月半ばに講習会があるそうです。

こんな感じのタマゴの塊をいくつ確認出来たかの調査をしました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です